スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブ島長期滞在

旧制中学校の先輩が奥様に先立たれ、セブ島でリゾートを経営されている娘夫婦の元に
残り少ない余生を気候の良い、物価の安い又住民の優しさが身にしみるセブ市に引き
取られて長期滞在をス事になった。

東京の住まいが近くでよくフアミレスで逢ってはコーヒーを飲みながら話し相手になって
いたが、セブ島に移ってからは良いところだから来ないかと何度も誘われていた。
そのことを近くに住む長女に何時も話していた所今年の正月、娘から電話で「セブ島」に
行くなら航空券をお年玉に買ってあげると言われてやっとその気になった。

長女が全ての「セブ島」行きのプランを設計して、1月30日いよいよ午後14:30発
成田空港からセブ島「マクタン空港」へフイリッピン航空で出発し、18;30着。
先ずはセブ島マクタン島にある「パシフイックセブリゾートに直行、あくる朝、ホテルの
フロントに先輩が小型バンをチャーターして迎えに来てくれた。

セブ島の先輩借家
マゼランのセブ島侵略記念碑や要塞、あるいはスペイン人の家など多くの遺跡が残っているがいずれも1500年頃の
ものだから今から500年前もことで比較的に歴史は浅い。

スペインからアメリカに変わり住民はキリスト今日の先例を受け、独特の英語を日常会話にしているのだ。

セブ島全体では350万人ほどの人口でセブ市は約75万人暗い隣のマンダウエー市は25万人くらいでこの地区だけで100万人以上はいるようだ。市内にはアヤラ、シューマートなどの大きなマーケットやホテルがあり、フイリッピンの中央部のピサヤ地方である。

中央のマルコポーロホテルの中には日本兵戦没者慰霊碑があり、戦時中は浦亜kの地区と違って大きなトラブルは無かったようだ。極めて日本人に対する感情は良い。

東京から僅か4時間半マクタン空港に着く。そして気候は良く物価は安く、気温は年中暖かく、海はエメラルド、リゾートとして世界中の人が集るようである。

日本企業も多数の会社が工場をこの地に進出させているそうだ。先輩のyぷに余生をここで送るのは普通では出来ないが出来ればついの棲家として送れば最高の人生だと思う次第である。
聞くとこりによると毎月の生活費は10万円で足りると言う。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。