スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩の海外長期滞在

セブ島
90歳になる同窓会元会長がセブ島に去年の6月から滞在
している。上の娘さん夫婦がセブ島で日本人スキュウバー
ダイビングのインストラクターで民宿を兼ねて4,5年前
からセブ島でご主人の方が勤め先を退職してこの仕事に
入ったそうだ。娘さんは保育園の園長だったが定年を前に
辞められて、ご主人の経営するダイビングスクール兼民宿
の手伝いをする為父上の一人住まいを心配されてセブ島に
一軒家を借り、其処に父親を看ながらご主人の仕事を補助
されて、先輩が日本に時折帰国する際は付き添いで帰られ
る親孝行な方である。

そのことを三人の我が娘達に常々話をしていたら、長女が
正月セブ島行きの航空券をプレゼントしてくれた。
80歳を超えて足元がおぼつかないから私が一緒に行くと
言ってくれている。ありがたい話だ!

先輩は家の近くに住み、時々同窓会のことや昔の話などを
フアミレスで逢っては一緒にお茶や食事をともにしながら
時間を持つことが屡である。彼も私も続いて連れ添いを、
一昨年、去年と亡くしたばかりの同病相哀れみの仲である
(一寸表現が悪いが・・・)

一応三泊四日のセブ島旅行を試み、良かったら一人でも、
いける良いうにしたいと思っているのだ。

フイリッピンと言えば、戦時中、我が日本軍がアメリカ軍を
追出しあのマッカサー元帥が「I shall retarn」と言った事
は有名である。又マルコス大統領がエメルダ夫人と民衆から
国外に追出され、失望の挙句アメリカで死亡した経緯がある

フイリッピン国の中央に当たる位置で多数の島々かの中心に
その「セブ島」はある。
最近は日本人のダイバーが多くこのリゾートを訪れる。
さてどんな国か、初めて行く道の国だが、旅行先の案内の本
では自由な国でで気候は良く、物価は安いと聞く。

さて娘(長女)の旅行プレゼントで行くことになったが、先
輩からも待ち焦がれているとのメールも入っている。
さぞさび賀って居ることだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。