スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブ島保養

セブ島案内図
旧制中学校の8年先輩先輩(90歳)がセブ島に長期滞在している。
娘さん夫婦の経営する、日本人アクアラングが目的の観光客たちが
多く集まるフイリッピンのセブ島に民宿を経営しているそうだ。

年齢が一回りほど違う大先輩は、近くに住んでいて、一昨年、奥様
を亡くされた。中学校同窓会の会長も先年、高齢の為、引退後名誉
会長で後輩と共に同窓会にも力を入れておられる。去年私も家内に
先立たれて、同境遇に年上として、後輩の私に深く同情して頂いて
いる。セブ島は住民の日本人に対する感情も良く何と言っても物価
が日本と比べて安く、しかも、気候も暖かく住み易い。お前も来ない
かと「セブ島通信」まで送ってくれる。

8年先輩の90歳の老人だが、老いを感じない。先輩の中でも2年上
の方々はもう歩けない、足腰が痛いと言って寝込んでいる人が多いと
思いますが、中には認知症の方もおられますでしょう。

090歳過ぎても尚矍鑠として人生を楽しまれることは、後輩の模範
でもあります。

フイリッピンのセブ島に行くには、なりか空港から直接、4時間半で
セブ島の「マクターン国際空港に着きます。
セブ島の通貨は「ペソ」で1ペソは日本円で2円と考えれば良いそう
です。

長期滞在で家を借りる場合は、相場として300㎡の家で月6万円位
とのことである。(凡そ3万ペソ)
大きなスーパーマーケットもあり買い物には不自由はしないそうです

なんと言ってもフイリッピンと言う国は昔からスペインやアメリカの
植民地になっていた関係もあり生活方式はアメリカナイズされている
のが日本人にとっても親しみやすいと言う利点があるそうです。

今年2010年の半ば過ぎに一度セブ島に行って見たいと思っている

まして敬愛する大先輩が先に長期で滞在しているのでこの機会を得て
先ずは一週間の予定でこれから企画したいと思っている。

学徒出陣の兄が昭和19年10月18日、フイリッピンコレヒドール
沖でアメリカの潜水艦の魚雷攻撃で、輸送船もろとも1,500人の
日本軍兵士と海底に沈んだ。
平成22年3月3日、厚生省の慰霊訪問団募集に応募したが既に〆切
となっていた。

長女夫婦が1月31日のセブ島ツアーの航空券を買ったので「セブ島」
に行っていらっしゃいと言ってくれるので、意を決して行こうかと
思い切ったところだ。

兄の慰霊祭はこの次にする積もりである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。