スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回北朝鮮旅行での思い出

新義州市には一般の外国人は勿論、朝鮮人でも新義州市
住人で無い限り出入りは難しいらしい。

さて新義州市の一部を中国旅行社の貸切り小型バス2台で
廻った上に駅を中心として20h軍ほどの近辺の散策を許
可されて、我々一同は新義州青年駅のVIP待合室に列車の
待合室でしばらく待たされた。一般の待合室と違って豪華
とは言えばいけれども、多少は賓客用に整備されていた。

待合室の壁には栄によって「金親子」の画像が張られてい
た。やがてホームに降りて新義州発、平壌行きの軟座車に
乗り込んだ。すぐ後の車両は食堂車であった。乗り込んだ
直ぐあと、列車は発車して間もなく税関検査が始まった。
女性には女性の税関検査院があたっていた。「定州駅」に
着く前に検査は終った。定州駅に着く前にホームに降り様
としたが各社にいる女性車掌が手をばつにして降りること
はできないと言う。

定州駅に着いた時に見えた懐かしいものは、プラットホーム
の西側にあった機関車に給水する給水塔と南山であった。
定州駅は京義線が出来た始から、平壌駅と終点の新義州駅と
の丁度真ん中にあって、機関車に石炭や水を補給する所とし
て機関区もあり機関車の交換もしていたそうだ。
だから小学校の時も同じクラスの友達には鉄道関係の子弟が
多かった。

そして駅のプラットホームから見えるもう一つの懐かしい情
景は米どころの水田の西に見える稜漢山であった。
高さ500㍍の稜漢山は小学校の時学校から遠足で登った事
もあるウ尼である。この辺は「郭山」と言う町があった。

更に車窓から見えたものには、「加納が丘」である。これは
日露戦争で始めて日本の加納中尉が斥候隊で7名の隊員と共
にロシヤ軍200騎と戦って全滅した忠霊塔が小学校の運動
場の中にあった。この石碑の周りでよくかくれんぼをしてい
たことを思い出す。丘の下は小学校の狭い運動場だったが、
運動会、放課後のドッジボール、鉄棒などで遊んでいた。

新義州駅から定州駅まで凡そ110km、また平壌駅までが
約115kmの中間点で日本人の人口は1,200人弱で、
小学校は220人位だったと記憶する。尋常高等小学校だと
言われ高等小学校は一クラスで二学年だった。何か朝鮮人の
生徒が数人いたような思い出がある。

定州駅を過ぎると、古邑、雲田、嶺美、安州、新安州と続く
ここからは平安南道となって平壌は近い。

平壌(ピョンヤン)は昔の町筋は全く朝鮮戦争の戦場となり
昔の面影は全く残っていない。そして北朝鮮としては首府で
あるピョンヤンを立て直してある。駅前のツインタワーホテ
ルは「高麗ホテル」に一行は40名宿泊することになった。

駅の近くの「国際飯店」で夕食となった。冷麺や焼肉なども
昔懐かしい。舞台ではチマ、チョゴリの妓生スタイルの女性
が三人ほどで色々歌って聞かせてくれた。アリラン、トラジ
などは一斉に合唱、生音楽でホールで接待員と踊る者もいた

コリョホテルの部屋はM.Y君と部屋を共にした。あくる日は
朝鮮観光旅行社のガイドが案内するコースを周り、今ひとつ
物足りなさを感じたものだった。
「平壌第一中学校」「サーカス」「万寿台」「戦傷記念館」
「金日成・・・」と言う記念館ばかりが多かったような気が
した。
帰途は順川空港から北京空港に戻り、成田へと帰国した。
平成4年(1992)の9月であった。

日本での友人、親戚、取引先の人々は「良く危ない朝鮮に
言ってこられましたね!」と感心して言ってくれたが、一度
危険な状態になったことは無い。ただ感じたことは、平壌の
町には、日本に在住している朝鮮総連の人たちが金に物言わ
せて商売をしているのが目についた。
「第一百貨店」では殆ど買うような商品が少なかったことも
貧しさを現しているようだった。
何か旧日本の残影が残っているような気もした。
この頃はまだ拉致者のことも公になっていなかった。




このホテルに2泊してピョンヤンの行きの列車に搭乗したら
直ぐ北朝鮮税関員が検査に来た。女性には女性検査員、男性
には男性の係員と慣れた諸動作であった。二本の新聞は持込
み出来ないと言う。他にもパス出来ない物もあったようだった

トラブルも無く定州駅に着くまでには終っていた。定州駅に
つく頃デッキで降りる用意をしていると女性車掌が降りては
いけないと言って両手をバツにした。
N.T君とがっかりした顔になって車掌に従った。一度町の中に
入って見たかったが次のチャンスがあだろうと諦めた。

定州駅のプラットホームに昔懐かしい機関車に給水する給水
塔はそのままで、後にはこれも懐かしい南山が見えた。
又車窓からは加納が丘に忠霊塔、石碑の代わりに二階建ての
建物が見える。何の建物かは近くで確認する以外には見当が
つかない。鉄道の回りには4,5階建てのアパートと思しき
建物が3,40棟建っている。国際列車は古邑、雲田と過ぎ
平安南道の新安州に入る、間もなくピョンヤンの駅に着いた

夕方に近かったので先ずは食事に近くの「国際飯店」にバス
は入って行った。全員がテーブルにつき、焼肉料理や冷麺が
机の上に並ぶ、ビールは日本製の「キリン」だった。

舞台では「生の音楽演奏」が始まり、チマ・チョゴリの女性
が二本の歌も披露してくれる。アリランやトラジなどの曲で
は皆避けに酔ってかダンスに興じる。楽しいひと時であった

宿泊は「高麗ホテル」であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。