スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行Ⅱ

平成6年1月26日~31日まで「パリ6日間の旅」
同 年 11月25日~12月2日「イタリヤ旅行」
平成7年3月14日~20まで、「カナダ旅行」
同年6月24日~28日「ニュージランド旅行」

平成7年5月21日~6月2日「北朝鮮新義州旅行」
平成8年3月24日~31日、「北欧旅行」
同年10月4日~7日「タイ国旅行」
平成9年5月24日~29日、「オーストラリヤ旅行」
平成10年11月14日~19日、「英国旅行」
平成11年11月29日~12月6日「東欧旅行」
平成12年11月10日~15日まで、「南ドイツ旅行」


成4年から始まった海外旅行も、カナダ(ナイヤガラ
ケベック)、北朝鮮新義州、イタリヤの3回を数えた。
家内は私が北朝鮮に行く替りに、ニュージランド旅行
を次女家族と一緒に楽しんでいた。

北欧(フインランド、スエーデン、フランス)、続いて東欧
旅行(オーストリア、ハンガリー、チェコ)はオーストリア
のザルツブルグは特に印象に残った。ハンガリーに来て
この国を見直したものだった。フンガリーと言うのだよと
言うと家内は面白がっていた。しかしこの国のkとを知る
につれ、東洋人種も混じっているのだと知って益々気に
いった。ブタペストはブタとペストの二つの町で合成され
ているのだ。

英国旅行ではスイスからベルギーを経由してユーロー
鉄道でローバー海峡を一くぐりロンドンは如何にも英国
と言う風景が強かった。なんと言っても「大英博物館」、
のエジプト遺産は見ごたえがある。

又昔の中学同級の「望月君夫妻」とのドイツ旅行では、
ライン川の遊覧が強く思い出となった。ローレライは夫人
達の若き日を思い出させるあの「ローレライ」の歌が一斉に
合唱する様は乙女時代を彷彿とさせるものだろう!


そして南ドイツ旅行では望月夫妻と「ノイシュバンシュタイン
城」を見学してきた。悲劇の王様の物語は世のご夫人方の
涙を誘うらしい。
ミュンヘンからの航空路は朝鮮半島を真横に横切り日本海
に出て又日本列島の中部を横断して伊豆半島から太平洋
に出て成田空港に無事帰国、一年に3回の海外旅行は
心身ともに疲れる。

平成12年であった。間もなく家内は踏み切りで子供を避け
ようとして転倒、右足大腿部複雑骨折で大手術となった。
以来自転車は乗ることが出来なくなった。、平成16年自営
の会社を閉じることとした。

会社倉庫跡をリホームして、元の住家は賃貸アパートに変身
新しい住まいの前に「スーパー」が出来て足の悪い家内には
便利な住まいとなった。平成20年4月終わり頃、家内は突然
「脳内出血」で意識不明となり、入院58日目に黄泉の世界に
旅立ったのだ。それから2年もう海外旅行は終わりにした。

彼女は英会話が出来たので、外国での旅行には心配が無い
友達夫妻も買い物では随分と頼りにしていた。今頃あの世で
海外旅行の楽しかった思い出を思い出しているかも知れない

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。