スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳(ハングル、イングリシュ、中国語)

我々の母校は、現在は北朝鮮だが、戦前は朝鮮西北部の
平安北道の道庁所在地にあった「新義州府」にあった、公立
の「新義州中学校」である。
当時、日本で一番小さな中学校と言われた。一年生~五年
生まで一学年一学級(50人)で全校生徒は250人であった

又開校も大正15年であるから終戦の時は第20回生が一年
生になって一学期夏休みに終戦閉校となった。

戦後はそれとなく同窓会が全国に散らばった同窓生が集まり
平成10年から15年頃が正にピークであった。

最近は終戦後64年になり同窓生全員が80歳を超えるように
なって来たので、年一度の全国大会には老齢が進み出席者
が段々と少なくなってきた。
同窓会幹事会ももう一年もう一年と言いながら、同窓会を如何
に閉じるかを考えている。
各学級に一割づついた朝鮮の子弟も熱心な一人を除いて、
全員出席しなくなって来た。韓国から日本に来ることは大変で
あることは当然として、日本人の出席者も大体顔が決まっている

ピーク時は180人前後だったのが最近では30人足らずである。
老齢による身体的な病気が理由になっている・
卒業名簿(同窓会名簿)を見ても1回生は100歳に近い。90歳
を超えれば、例外を除けば歩行も大変であろう。
同窓名簿の半数近くが「鬼籍」に入っているのだ。

私のクラスでも転校転入を含めて65人いた人数が三分の一以下
の20名を欠けた。中学生の頃は、あの北朝鮮の寒さと栄養不足
の時代もあって在学中に肺病関係の病気で10数名が亡くなって
いる。幸い戦争で戦死した者はいなかったが、長崎医専在学中
原爆で爆死した者が一名いた。朝鮮学生も半分は北朝鮮で不明
となって半分は韓国に南越したが老齢で半分以上が死亡した。
北朝鮮から南に超える際、スパイ容疑で銃殺された友人もいる。

韓国の人はあの朝鮮戦争で、アメリカ籍を取得移住した者もいる
同窓会の事務局に英文なら良いが「ハングルでメールを送信して
くる者がいる。こういうときは私がハングル翻訳を仰せつかる。

戦後64年経た今日、(16,7歳プラス戦後64年では82歳)目も
霞み、足腰も若いときのように機敏には動けないのだ。
新型インフラも恐ろしい。
「風邪を引くな」「転ぶな」「義理を欠け」は老人の鉄則だと聞いた。
用心していてもある日「プッツ」とおさらばかも知れない。
鳩山さんの友愛精神で残り人生を!余裕で暮らしたい^0^



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。