スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西本願寺お彼岸供養

9月23日は秋のお彼岸で女房の亡き後、二回目菩提寺の
お墓に花や線香をあげてお寺の本堂で住職のお経が終っ
た後、広間で徒門会の総会が食事と懇談を交えてあった。

司会は元「殿様キング」のギター奏者の「○○そうべい」さ
んであった。流石にプロで名司会者ぶりであった。
「真龍寺」徒門会の副会長でもある。

いろいろとご自身の経験から来る、体験話も面白かった。

年齢からいって、70歳前後であろう!
目が老眼になって視界がぼやけて見えるので、友人に相談
したところ、目の中の隔膜を手術でとってしまうと明るくなると
いわれ、又手術は痛くなく、日帰りの手術で簡単だよと薦め
られたそうである。
副会長さんもとっくに手術をされて痛く無かったそうで、思い
切って手術をしたところやはり全く痛くなく、終ったあと目の前
が明るくなったそうである。やってよかったとの感想であった。

私の場合、やはり友人二人が既に手術を終って、そのような
話をしていたことがあって、お前も速くやったほうがいいよと
言われたことが4,5年前であった、
国立病院の女医さんに見てもらったら、貴方は目の手術は
しなくても良いと言われた。
人様々で、皆がコレは良いから良いとは限らない。
人間頭の良い人も居れば悪い人もいる。健康な人もいれば
病気ばかり続けている人もいて長生きする人、早く死ぬ人も
いて人間一様ではない。

目は老人になれば角膜が濁って、濁りを取れば目の前が
明るくなって世界が変わる。良い事は出来れば人に奨めた
ほうが良い。そうべいさんはきっと善意でお話したことと思う
しかし私のように老齢になってもその必要の無いものもいる
ものだ。

浄土真宗の信徒となって、まだ一年半、この度の真徒会に
出席して本当に良かったと思っている。近頃足腰が痛く若い
頃のように運動神経が鈍り、外出も億劫である。

70歳台ではこんなことは無かった。昨年女房が死んでから
「脊椎管狭窄症」にかかってからは足腰がままならない。
毎日の生活さへ苦痛になってきた。と言って、まだ生活の
欲望は減退していない。欲があればあるほどを死ねない
老人らしく穏やかな精神を心掛けなくてはと思う今日である

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。