スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦、復員、熊本

海軍の香取飛行基地からの分遣隊のような「干潟」の駅
から歩いて十数分の台地と平地の崖合いの地には小さな
木造の兵舎が拾数棟あったが、どのような日程で過ごした
かは記憶に無いが、8月15日のポッダム宣言以来の我ら
の行動は、記憶が薄れてしまったが、思い出すままに書い
て見たいと思う。

確か終戦の日以来、この小さな部隊は、することも無しに、
毎日一週間ほど自由な毎日の生活の中で、夜になると、
全員で酒宴をするようになった。
一週間後だったと思うが、隊の幹部から解散についての、
話があった。そして復員手当てと言うものが支給される事
なったが、「復員手当て」は幾らだったか記憶に無い。あの
当時の給料は毎月「兵長」の給料は10円~13円位だった
と思う。それから見ると、復員手当ては「2,30円であったと
思う。貯金通帳には200円近くzった上に2,30円か200円
暗いが足されたように思う。と言うのは、その後熊本で、兄
が帰ってきたらその鐘を加えて、両親が帰ってきたら住む家
を買っておかなくてはと言う気持ちであった。当時の家一軒
の価格は多分1,000-前後であったように記憶する。

さて復員は手当て金の他に衣類(第一種軍装、夏冬)私物
などの他、食料など衣嚢に詰めて、復員列車に乗車した。
有蓋貨物車であった。貨物車の中は電気も無く、朝鮮に帰
国する朝鮮人がどの貨物車に一杯であった。
どのように列車を乗り換えたか記憶が無いが、錦糸町駅を
通過するときには東京湾が全面的に見渡せられた。有楽町
では日劇の窓ガラスが全部爆風で割れていたことを覚えて
いる。東京駅で多分九州に向かう列車に乗ったことは間違
い無い。どのように食事したか、用便をしたかは全く記憶が
無い。ただ覚えているのは京都駅で長時間停車している時
プラットホームのアナウンスが「今危険列車が入って来るの
で中尉して下さい」と言っていたが危険列車には「一等車に
赤ら顔の毛唐が缶ビールを飲んでいる姿であった。この時
初めて缶ビールを見た。列車は九州に向かって走っていた
「広島駅」ではプラットホームから市内の建物が殆ど倒壊、
市内電車は屋根が剥れ、道路の線路の上に立ち往生して
いた。これが「新型爆弾」の痕なのかとまだ原子爆弾の威
力だとは知らなかった。

関門トンネルは無事であった。熊本駅の手前に「玉名郡」
の高瀬駅と言う駅がある。ここに戦時中に朝鮮から引き揚
げた親戚がいることを両親から聞いていたので、先ずは
尋ねて見ようと列車から降りた。駅前に荷物を預けて、村
長をしていると言う親戚の家を探したが、サッパリ判らなく
尋ね当てる事が出来なかった。そこで熊本市の父方の親
戚を尋ねることにした。荷物預かり所に預けた荷物が紛失
していて預かり所の経営者は知らぬ存じぬと言い、警察官
を呼んで調べさせたが、皆目埒が明かなかった。
終戦後のドサクサであった。私もまだ17歳で社会に対応が
出来なかった時代であった。
多くの荷物を無くなしたが、貯金通帳、印鑑は身につけてい
たのだ。これが終戦後の苦労の始まりだったこととは気が
着かなかった。まだ精神的に未熟であったのだと思う。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。