スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行、イタリヤ、北欧旅行

1994年4/21~5/5までの2週間北朝鮮平壌、元山、金剛山、新義州を回遊

1994,11/25~12/1 イタリヤ旅行
11/25, 成田~チューリッヒ経由ローマへ レオナルドダビンチ空港
 /26, ローマ市内見学、コロッセオ、トレビの泉、 カンッオーネデイナー、
 /27 ナポリ、ポンペイへ エスビオス火山麓のポンペイ遺跡、
/28  フイレンツェ、ドウモ、システイーナ礼拝堂
 ./29  同上
 /30  バチカン王国
12/1 帰国 成田

イタリヤの見所はなんと言っても、ローマ市内である。「トレビの泉」
「コロッセオ」「サンピエトロ寺院」、「バチカン宮殿「では法王の旗が
翻っていた。
二日目の日程は、ナポリ、ポンペイでぽんぺおの遺跡は火山噴火
のすざまじさに驚愕、その当時から、支那人の貿易商の邸があり
色々な家の生活が見ることが出来て文化の進んでいたことが推察
出来て印象が深かった、
イタリヤ半島を縦断する「高速道路」のSAではお酒類が販売されて
おどろいたものだ。

フイレンツェの町は「ドウモゥ」の建物が目立つ。ミケランジェロの芸術
が名高いところである。イタリヤ人は明るくて騒々しい。ひげの長い爺
さんは「お前は日本人か?今度はドイツ抜きでアメリカと戦争をやろう
」とジョークを言っていた。周りのものはおお笑いだ。






大きい文字北欧旅行








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。