スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙航空開発調布センター

4月19日(日)孫娘が勤めているJAXA宇宙航空開発
調布センターで一般公開があると誘われたので、急遽
三女と小さな二人の孫娘の4人でセンタ-に出かけた

広い敷地に多くの研究棟が散在していて1~順序良く
見学して廻った。沢山の見学者が子供連れで来場して
いた。小、中学生の子供達の人気の研究館は何と言っ
ても航空機操縦シュミレーションとヘリコプターの搭乗
体験シュミレーターである。
又風洞の風速体験も子供達が頭の髪の毛を抑えなが
らキャーキャーと遊んでいた。

広い敷地の一部には現役の小型飛行機が三機展示し
ていた。説明員の話によるとロケット実験はオーストラリ
ヤのアデレード近くで実験しているそうだ。
宇宙航空研究施設はこの貼付の他に筑波の他い幾つ
かのところにあるらしい。ロケットエンジンの研究は福島
の角田にあることは40年前仙台にいた頃行った。
筑波研究所は有名で日本人の誰もが知っている。
種子島のロケット発射試験場も有名である。

航空機の操縦体験シュミレーションは体験志望の長い列
にも拘らず、一度体験して見たかったので30分程待って
座って見た。操縦桿を握っても思うように行かない。
何度も着陸でバウンドを重ねて失敗であった。本物の航空
機であればとっくに死んでしまったに違いない。
ヘリコプターの場合は搭乗だけの体験であったが酔うような
気がした。

中学生の頃はパイロットを志望していたが、やはり感覚的に
無理であったかもしれなかったと思えばなれなくて正解だと
思ったものだ。

これからの宇宙の研究にいろいろな障碍を予測して人間の
叡智を研磨して研究する施設に働くことは我が孫娘ながら
たいしたもので鼻が高くなる。
若い人は古い人たちを超えて地球以外の惑星を調べて科
学を研究して欲しい。

下のワッペンはNASAのシャトル「コロンビア号」のものである
各シャトル毎にこのようなワッペンがあると言う。

コロンビヤロゴマーク腕彰(刺繍)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。