スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国映画

級友から韓国の映画が面白いぞとメールが入った。
「大祚栄」テヨジョヨン韓国KBS映画だと言う。
早速「渤海国」を調べてみた。渤海は西暦698~926年
満州から朝鮮半島北部ロシヤの沿海地方にかけて、存
在した国、高句麗滅亡後にその遺民である大祚栄により
建国され、周囲の国々と交易で栄え、中国からは海東の
盛国と呼ばれてが、最後は契丹(遼)に滅ぼされた。
長編の韓国KBS大河ドラマで、「レッドクリフ」と同じように
面白そうな映画だと思う。

最近日本の若者や女性達の韓国ブームで韓国旅行は、
大盛況でると聞いている。

歴史を調べると大筋下記の通りだ。
西暦668年の高句麗滅亡後、高句麗の遺民達は唐によ
って栄州(現在の遼寧省朝陽市)に強制移住させられた

668年に唐で武則天が即位すると、内政が混乱を始める
この動揺を突いて、同じく強制移住させられていた契丹
が暴動を起こした。この混乱に乗じて、高句麗遺民らは
粟末靺靺人指導の下に高句麗の故地に帰還、東牟山
(吉林省延辺朝鮮族自治州敦化市)に都城を築いて震
国を建てた。この地は後に「旧国」と呼ばれる。大祚栄
は唐(武周)の討伐を凌ぎながら勢力を拡大し、唐で玄
宋皇帝が即位すると、713年唐に入朝することで独立を
認めさせることに成功し、「渤海郡王」に撒封された。

又、「レッドクリフと」は三国志の中の「赤壁の戦い」から
その物語が映画化されている。
いずれも中国(支那大陸)の中での舞台である。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。