スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フイリッピンリゾート、老人ぼやき

ルビ リゾート サンタンダー
セブ島はフイリッピンの中央部にあって廻りは島々に囲まれている。
特にレイテ島は日本の軍隊が苦戦した所で多くの戦死者をだしたところだ。
セブ島の東側に隣接する。西側にはネグロス島があり、セブ島の南にボホール島
などに囲まれて波が静かで、台風も殆ど来ないそうだ。

セブ島と言っても南北に長い島で、250kmほどあるそうだ。山梨県位の面積が
あるそうである。又島の周りには大小様々の島も多くリゾートが多い。

私の先輩にKさんと言う方がいらっしゃる。家が近くこの20年来近くのファミレス
で逢ってはコーヒーを飲みながら何時も昔のこと同窓会のことなどを語り合っては
時間を費やした。一昨年Kさんは最愛の奥様を亡くされた。その後半年も経たない内
に今度は私の家内が突然脳内出血で倒れ、入院後58日目にあの世に旅立ったのだ。

Kさんは二人のお嬢様がいらっしゃって上の娘さんは夫婦共に地方公務員で、下の
娘さんもご夫婦共に医学博士で国家公務員であるが別に暮らされていた。
上の娘さんのご主人が定年を前に勤めをやめられてフイリッピンでスキュバーダイビ
ングのホテル経営をしたいとか言って現地に行ったと私に話されたことがある。

お孫さんもドイツ留学も大分なれてきたので、両親の娘さんもご主人について
フイリッピンのセブ島に行くので高齢のKさんを長女の責任で連れて行きたいと計画
されて、Kさんも始めの内はどうかな?と半信半疑でちょっと見てくると私に言って
1,2ヶ月の積もりで出かけられたのだったが一昨年の暮れセブとに家を借りたので
向こうで余生を暮すことになると思っているとおっしゃられたのだった。
そして私にセブ島に来れるなら是非いらっしゃいと言われていたのだ。

今年の正月私の長女が夫婦で来宅、その折に「セブ島」の話しをKさんの手紙を見せ
ながら良い所らしいよと話したら主人と孫娘がセブ島に行ってとてもよいところだと
話してくれた。正月5日、電話で長女からお年玉としてセブ島行きの航空券を上げる
けれどどうすると言われ、行こうかなと返事すると早速ツアーを申し込んでくれた。

1月30日午後2時半成田空港発「セブ島」行きのフィリッピン航空機の中はオフシ
ーズンにも拘らず混んでいた。4時間半で「マクタン空港」に着いたのは現地6時頃
で暗くなりだした頃であった。
そしてツアーの指定ホテルに投宿できたのはよるの10時過ぎであった。

朝目が覚めると部屋の外は海岸であった、遠くに小さな船(ダイビング用)が見えた
長い桟橋?突堤のような橋の横には潮が引いていて現地の人々が貝を掘っていた。

朝食を食べフロントに行ったら、Kさんが娘さんと迎えに来てくれていた。

三泊四日のツアーがKさんの歓待でアット言う間に過ぎ、帰国した後又「セブ島」に
行く事を考え計画を立てたのだった。
やはり長女が足元のおぼつかない私を案じて同行してくれることになった。

次回は5月12日~16日までの4泊5日の旅程を長女が組んで呉れた。

二回目の「セブ島」はKさんの娘さん夫婦の経営するセブ島南端にあるルビリゾート
セブへ体験ダイビングに出かけた。セブ市から約南へ120km、4時間半の距離だ
途中何度か休憩をしながら目的地に辿り着く。殆ど海岸沿いに車は走った。
成田から同じ飛行機に乗っていた7人の女性グループが前日よりこのルビリゾート
を基地にボホール島、ネグロス島のほか小さな島のダイビング適地に専用の船に乗って
毎日2箇所は巡っていたそうである。女性グループと言っても50歳台から70歳台の
中年グループと言えよう。日本の女性はこんな所でも元気に遊んでいる。
中年の男性には及ばないと思う。そこで82歳の私も元気出して一番近いスミロン島
まで行ってシュノーケルをつけてエメラルドの海中に潜ることにした。海中は澄んでいて
本当に南国のグリーンの海水だ。
小船は小さな波でも揺れる、高年齢のものにとってはバランスがとり難い。
若い者たちは平気で船の上を自由に動き回っている。私は甲板によっつんばいになって
動けない。年齢を感じ情けなくなった。

若いと言うことは良いことだ、私も若いときにもっと自由奔放に動き廻ったら良かった
と後悔の念が湧いてきた。セブ島は本当に空気は良いし、気温も常夏の国で、しかも
物価は安い。日本の定年後の人たちが3,000人くらい長期滞在していると聞いた。

Kさんは娘さん夫婦のリゾートホテル経営で、セブ市の隣のマンダウエー市にアメリカ風
の家を一軒かりて滞在している。一階には食堂、応接室、寝室、ケッチン、バストイレ
メイドルーム、運転手の控え室、二階には4個のバストイレ付きのベッドルームがある

所はフイリッピンだがアメリカ風な生活が満喫できる。高齢者にとっては最高の保養地
であると思う。
聞けばこのような生活で、生活費は年金で賄えると聞いた。湿気の多い日本に住むより
は長生きできるのでは無いかと普通の人は羨ましくなるのではと思う。
セブ市やその周りの都市の人口は200万人ほどの都会で大きなマートや市場もあって
生活の不便さは無いという、最近は電話、ファクス、携帯電話、インターネットPC、等
通信手段は世界中何処に居ても瞬時に連絡できる。私達の少年時代とは違う世界である。

少年時代の空想は弾丸列車、弾丸道路、ロケット機、新幹線、テレビ、インターネット
デジカメと現実の世界だ。若い人たちからいろんなことを学んで生活を面白くしょう。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。