スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮訪問旅行

朝鮮人民共和国(旧朝鮮北部)は平壌をキャピタルとし平安北道は生まれ育った第二の故郷である
戦後47年経った、1992年、それまでに考えられなかった、北朝鮮訪問旅行を企画し、新義州公立
中学校同窓会で「新義州訪問旅行」を決行した。
出発:1992、9/7 午後2:55成田空港~18:15北京空港着 訪問団は門脇団長以下23名
日程:7日夜北京ホテル宿泊、
    8日北京市内観光、16:48北京駅寝台列車にて丹東市へ
    9日08:07丹東駅着 鴨緑江遊覧船、鎮江山他 鴨緑江大廈泊
   10日貸切バスにて新義州入境、新義州市内一周、新義州駅初12:08平壌駅15:51着
   11日平壌市内観光、万景台、チュチェ主塔、凱旋門、墓 大同絵ホテル泊
   12日ピョンヤン空港発09:00~北京空港着09:30 北京観光、万里の長城他
   13日08:50北京空港発~13;50成田空港着 解散

約50年ぶりの新義州訪問は有意義であった。朝鮮戦争でアメリカ空軍の爆撃で市内は大方焦土化
されていたが旧日本人の建築された建物が多少残っていたことは望郷の感大であった。
旧平安北道道庁→現平安北道人民委員会
旧新義州府府庁→現新義州市人民委員会
旧税関     → 海関
旧新義州公立高等女学校→?
旧東公立中学校→新義州高等学校
旧王子製紙工場→製紙工場、化粧品工場
旧金融組合連合会→現新義州図書館
旧新義州駅→現新義州青年駅
旧平安北道知事官舎→現平安北道人民委員長宿舎
旧平安北道道立病院→現平安北道病院
他にも旧統治時代の建築建物は他の都市に比べ多い、などである。

スポンサーサイト

テーマ : 韓国 - ジャンル : 海外情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。