スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

84際になる姉の家に

私は男二人、女二人の兄姉の末子で、兄は学徒出陣で
戦死し姉が二人いる。
上の姉は6歳離れていて、戦時中に結婚し教員の義兄
は52歳の若さで早死にした。しかし息子二人、女の子
一人は夫々所帯を持っているので何かに付け子供達や
孫達が集まっている。

しかし下の姉は私の二学年上で二歳半はなれていて、
終戦後熊本で父の奨める縁談を断りきれず結婚したが
女の子を一人残して婚家を去った。以来上京して、都立
の保育園で働き、間もなく再婚したが子供はいない。

両親が存命中は良く面倒を見ていたが、その両親も、
20年前に相前後して世を去った、96歳と92歳であった

今では夫婦二人で千葉市の公団の分譲住宅に住んで
いて、住宅団地の商店街の空き家を一軒借りて「マージ
ャン屋」を開いている。今日娘と孫の四人で高速道路を
通って初めて姉の所へ行ってきた。
姉は主人と共にこの団地の分譲の家を3軒も購入して、
他人に貸したり一軒は長期の支払いで他人に譲っていた
一軒は賃貸で貸し、他に成田の公団住宅の一軒を二人
の名義で買い、賃貸していた。

他に長野県の佐久市に別荘向きの670㎡の土地を持て
あましている。

80歳半ばになって子供もいず、二人だけの生活で心細く
なったのか、今日の話は、私達も何時死ぬか判らないの
で若し死んだ後のことを頼んで安心して残り余生を過ごし
たいと言うことを聞いてもらいたかったと言う。

生活は充分な年金を支給されているので、心配は無いが
後を始末してくれるものが居ないことが不安だと言う。
特に我が娘の三女も離婚して子供を育てている最中で、
同情しているらしい。

軽井沢の近くの佐久市で別荘用山地を昭和46年前後に
購入して、40数年、とうとう家屋を建てられずにいたが、
以来佐久市から不動産税金の請求が毎年続いている。
本人もどうにもならず、そのまま放棄していた。
権利書を見て、先ず佐久市の地図を広げ、続いて、地元の
不動産屋に問い合わせてみた。同じような物件を広告に
だしているので、気安く声をかけて見た。
曰く、この辺の物件は何十年も、広告に反応は一件も無
いとのことであった。斜面の土地に家屋を建築するとなる
と、先ずは、地面の基礎から工事に多額な費用がかかる
とのことであった。
処分方法を真剣に考えるならば、他の奇抜な方法を考え
無ければならないだろう。さて厄介なことにならなければ
と危惧する。

人生には他人にはわからない色々なことが、襲いかかって
来るものだ。姉の性格はなんでもやったことに関して後悔し
ないと言う楽観的な性格がある。
随分と無駄な金使いを知っているが、この大らかさはお金
には変え難い。今後も悠々と健康マージャン教室を楽しみ
ながら余生を送って欲しいと願っている。



安東高等女学校徽章
スポンサーサイト

南ドイツ旅行

平成12年(2000)11月10日~15日までの5泊6日
望月夫妻と阪急交通社の「ロマンチックドイツ紀行の
度に参加することにした。

今までのヨーロッパ旅行は殆どがシベリヤ経由航路
の往復旅行だったが、今回は思い切って南回りの、
香港経由にした。

第一日目 成田発18:30~香港乗り継ぎでフランク
フルと着05:25、フランクフルトはまだ夜明けの空で
あった。リューデスハイムで「ライン川クルーズ」乗場
ではレストランでの「マスのオイル焼き」は美味かった
クルーズには日本からの中年叔母さん団体が大勢
出合った。ローレライに差し掛かると叔母様達が一斉
に「なじかわーしらねど♪」と女学生に帰ったような顔
して歌っていたのが印象に残った。ハイデルベルグ泊

第三日目 古城街道を巡り、ヴュルツブルグ市内観光
ニュールンベルグ観光後、ミュンヘン市へ 泊

第四日目 ミュンヘン~ノイシュバンシュタイン城観光
ロマンチック街道をドライブしながらアウグスブルグ、
ネルトンリンゲンに立ち寄り、ローテンブルグへ 泊

第五日目 ローtrンブルグ観光後、フランクフルト空港へ
香港回り成田着13:55


英国旅行、東欧旅行

1998年(平成10年)11月14日~19日英国旅行
14日 成田発12:50~チューリッヒ経由ブリュッセル
    着21:00
15日 ブリュッセル市内観光、小便小僧、ブリュージュ
    森観光
16日 ブリュッセル発ユーロスター~ロンドン着10:39
     市内観光、パッキンガム宮殿、他
17日 ロンドン市内観光、ウインザー城見学
18日 ロンドン発13:50~チューリッヒ経由
19日 成田11:55着

ユーロスターはドーバー海峡海底トンネルを通過して
イングランドへ、大英博物館、ビッグベン、日本大使館等
ホテルの食事は良くなかった。

東欧旅行(1999年)平成11年11月29日~12・6まで
 オーストリア、ハンガリー、チェコ、
1.ウイーン経由バスでブダペスト
2.ブダペスト市内観光、ドノウ川、漁夫の砦、王宮見学
  OP.ドノウ川イルミネーションと夕食
3. バスでウイーンへ、シェーンブルーン宮殿、シュテファン
4.ザルツブルグ、カングマート観光、モーツアルト生誕家
5.バスにて、プラハへ(チェコ)プラハ城、ボへミヤン食事
6。ボヘミヤの古城、ビアホールディナー、メルニック城
7.バスにてウイーンへ、13:45帰国の途へ
8.成田着09:15 航路はモンゴル上空、北京、大連、
  黄海、ソウル、日本海、関西、富士山、伊豆、成田へ


東欧は北欧より見るところ、歴史が深くてシックであった。
今までの海外旅行では一番気に入った。
路江も感激!

金日成は四人いた。

戦前の朝鮮西北部、平安北道に生まれ、旧制中学校4年生
で海軍甲種飛行予科練習生に入隊し、戦後は日本の九州
で真似事だけこれも旧制専門学校で学び、昭和25年、朝鮮
戦争が収束する頃、上京し、営業的な職業に就き、学歴の
無さを痛感したが、時既に遅しと言うわけでもなかったが、
専門知識を持たなかったがために、営業の仕事をしながら、
何十年を無為に過ごしてきて中途半端な人間と相成った。

昭和10年前後、(私は9年小学校入学)朝鮮と満州の国境
鴨緑江、豆満江流域は匪賊、馬賊などが、国境周辺の住居
や駐在所、他の建物などを襲い、金品、家財、食料品、果て
は婦女子も拉致して行くことが新聞などに報道されていた。

まだ子供だったときのことで大人の話から聞いたことは、
日成(キンジッセイ)
が馬賊となって、民家や小さな警察派出
所などを襲撃して女子供までを連れ去って行くと聞いていた
そして、そのキミルソンと言う馬賊は、日本の陸軍士官学校
を出て白い馬に乗って徒党を組んで荒らしまわっているとも
聞いていた。
生活に追われていた頃は、そういうことは思い出しもしなかっ
たが、個人事業を始めて15年ほど経った2000年(平成10年
頃)だったと思うが書店で「金日成は四人いた」李命英著書
の本を見て、小さいときからの興味があった人物の話なので
¥1,800-で買ってみた。
内容は少年の頃の噂に良く似た物語で、特に日本陸軍士官
学校出身の騎兵中尉と言うことが親しみを感じたものだ。

平成10年(2,000年)頃は、パソコンを始めて、インターネット
に夢中になり、北朝鮮問題のBBSを毎日楽しんでいた頃であ
った。年甲斐も無く若い人たちの同じBBS仲間のオフ会にも
何度も出席したものだ。当時はまだ70歳になるかならないか
の年齢であったが、何時もオフ会では最高年齢者であった。
池袋の居酒屋風な店に約14,5人ほどが集まっていた。

何時もはBBSのパソコンの活字ばかりを見て、HNの人たちの
意見を感心しながら読んでいたが、直に自己紹介で顔を見て
より親しみを感じ時間の過ぎるのが速かったことを思い出す。

その中に「郎女」さんと言うHNの女性がいて、彼女の近代的
歴史の話題はとても専門的でいろいろと教えられることが多く
私に取っては歴史の教師であった。
大いに質問し、意外な返答に歴史の勉強の至らなさうを感じる
ことが多かった。しかも、海軍の話も、詳しく恐れ入ったものだ

さて本題の「金日成」のことだが、「金日成は四人いた」と言う
本を読み、北朝鮮の「金日成主席」の事は本物の金日成とは
違うのだとその本には詳しく書かれている。
本物の金日成は日本陸軍士官学校23期の卒業者で騎兵中
尉だったとき満州に渡り、抗日パルチザンの運動をして、何時
の間に行方不明となったという。
陸士23期と言えば明治40年の陸軍士官学校の卒業であろう
現北朝鮮の金日成とは年齢が違う。これは私の父親も朝鮮か
ら引き揚げる前、平壌と新義州の中間点にある「定州」と言う
町で戦後の日本人家族の日本への引き揚げを待つ日本人会
の会長をしていて、平壌の日本人会と連絡を蜜にしながら日
本人家族の無事な引き揚げの機会を待っていたとき、平壌で
は「金日成帰還の演説を見に行って噂よりも大きく年齢が違う
ことで本物の金日成とは違うと感じた話を聞いていたので、
「金日成は四人いた」は読んでいて全く異存を感じなっかた。

郎女女史からご教示頂いた事は、日本陸士を出た金日成こと
金光瑞騎兵中尉は1919年に新義州を経て満州に亡命、抗日
軍の指導者となって、1923年頃その行方が不明となっている
推測ではあるが、1922年の3.1朝鮮独立運動以後、1925年
の日本とソ連の修好条約は金光瑞の立場を失うものであった
に違い無い。彼は共産主義にはなれなかったのだ。

1945年の終戦時は金光瑞(金日成)は60歳近い年寄りであ
っただろう。多分この頃は金光瑞(金日成)は旧満州地帯で
活動出来なくなって、ソ連側の支配下にあったのではないか!
さて、日本の敗戦によって、急遽ソ連ではスターリンの下、北
朝鮮に朝鮮人の独立を指導する人物を決めなくてはならない
ソ連としては朝鮮人の「金光瑞」よりは「金成柱」の方がソ連
軍大尉であり年齢が若い、年齢を取った金光瑞よりは若手の
金成柱を選んだのであろう事は推察できる。
そしてソ連陸軍大尉の金成柱が「金日成」として北朝鮮に派
遣されたものと思われる。さて年配の「金日成」こと「金光瑞」はソ連軍によってラーゲリに収容されたとの推測も出来る。

完結ではないが郎女女史からのご教示に推測したものだ。

旧制中学校同窓会

同窓会(旧制中学校)
私の通った中学校は、朝鮮北西部(現北朝鮮にある)中国
と北朝鮮の国境(鴨緑江)新義州の町にあった。
戦前の統治かにあった、中等学校は、日露戦争後しばらく
朝鮮総督府の武断政治で先ずは京城、釜山、元山などの
開けた町から朝鮮人子女子の教育のための小、普通学校
から始まったらしい。新義州の町でも先ず朝鮮人のための
高等普通学校、女子高等普通学校、農業学校、日鮮共同
教育の商業学校それから日本人子弟教育の中学校、高等
女学校と大正10年ごろから昭和初めにかけて創立されて
行ったそうだ。中学校の場合、大正末期の15年頃高等普通
学校の中に仮住まいから創立されて、50名の日本人と一割
の5名の朝鮮人子弟が入学した。それ以後、昭和20年の、
終戦の年に閉校になるまでに約20年続き、一期から二十期
まで約1,000人の卒業生が出た勘定である。

昭和20年の8月15日の終戦時に学校は閉鎖された殆どの
日本人学生は同21年の秋頃から日本に引き揚げとなり当時
の4年生だった17期生から日本内地の中学校に転向せざる
を得なくなった。学校の新制度で旧制中学校は、
高等学校となり、三年生で大学進学となる。

戦後は毎日の食料もままならず、飢えに苦しむ状態であった
日本の内情であったが、昭和27年に極く一部の卒業生に
よる同窓生会誌が発行されていたようであった。
それからはとびとびではあるが、消息の判った人々が集まる
ようになってきて、「新義州公立中学校卒業生同窓会」が全
国から集まって来るようになったと同時に毎年同窓会会誌が
定期的に発行されるようになったのだ。

私も昭和36年頃、画中会が集まるようになったことは、しって
いたが、40念頃仙台にから東京に戻って来て、同窓会の案内
があって、以来参加できれば出席すると言う状態になった。

若い内は、仕事に追われ、収入も貧しくその上、子供も3人と、
同窓会どころではなかった。
昭和44年、新宿に高層マンションの一室を求め、ローンに追
われる身となった、その上に47年又公団住宅の分譲宅を買
い足し更にローン支払いの苦痛を増した。

昭和53年、練馬の両親の家を倒し、ナショナル住宅を新築し
て両親、我々夫婦に娘3人の7人家族が住めるよう総建坪4
4坪のを新築したが、それでも生活は楽にならなかった。
その頃からどうやら、同窓会の案内にも応じることが考えられ
るようになってきたが、この頃から雑貨輸入卸売りを開業し、
ソウルでの同窓会が開催される機会に韓国に行くことに障碍
が無かった。在京の同期生が少なく、それまでクラス幹事を
引き受けてくれていたM君が肺結核で死亡、S君が商店経営
で、私が引き受けることになったのが、平成2年、鴨緑江周遊
旅行を企画しその翌年北朝鮮観光に同窓会で行ける事が出
来ると言うことになり、幹事を引き受けることになった。
新義州市内を散策できると言う、朝鮮総連関係の旅行社の世
話で義中会の有志者を募集し、門脇会長を初め40名の参加
者が5泊6日の日程で北京、丹東経由の観光を楽しんだ。

それからもう17年が経った。昨日、6月15日田町の居酒屋風
料亭で幹事会が開かれ出席してきた。
出席者は高齢の4期生以上の方々は90歳を超え、幹事も無
理な時期に来ている。最高年齢は5期の91歳であったが、こ
の人も最近連れ合いを亡くし、来月から有料老人ホームに入
られるそうだ。

最近は朝鮮の中等校の同窓会は出席者の減退で同窓会の
閉鎖が続いている。先月も我々と同じ地の女学校も最後の同
窓会を「帝國ホテル」で開催、最後と言うことで全国から120名
の会員が集まったと言う。流石女性は長生きで金持ちが多い

閉鎖した会はあるが同窓会が出席者皆無で有名無実の
同窓会もある。

続く

車載ETCナビゲーションの車上荒らし

11日夜中と思うが、午後孫の同級生近所の男の子が、
孫にお前の家の車の窓が壊されているよと言われて、
見たら運転席側の小さな三角窓が粉々に割られている
のを見て、車内を見ると、メーターボックスの外枠が剥れ
中の配線がむき出しになっているではないか!
直ぐ110番に電話して警察官が程なくやって来た。

直ぐ前の交番の警察官である、お隣の車も今朝方届け
があって、検証しに着たばかりですよ、
一丁目の方の二台の車も同じように荒らされていました
どうも中にある「ETC」のナビを専門に盗っている者の仕
業ですよと後から来た警察官達も口を揃えて言っている
そういえば最近、高速道路の料金制度がETCを使って
いつ車に対して料金が何処までも¥1,000-と言う制度
が始まった。近頃はETCをつける車が増え、「ETC」が品
薄になって、新品を設置するのに3週間待ちだそうだ。

そこで高く売れる、特にトヨタの新車を狙って強引に盗って
行く半ば強盗犯が多いそうである。

犯行の痕を見ると、小窓を叩き割り、腕を中のドアノブまで
入れドアを開き、車内に侵入、運転席のハンドル横にある
メーターボックスの外枠を剥がし、中にセットされてある、E
TCだけを外し持ち去ると言う極めて強引な手法で犯行を
重ねているそうだ。家の並びの2軒先の家の中に駐車して
いた、トヨタのワンボックスカーも同時間に同じ手法で盗ま
れていた(そこの奥さんも見にきて言っていた)

一寸離れた一丁目の方でも2件あったそうで、所謂流しの
犯行であると京さsつでは言っていた。


お隣さんは午前中に気が付いて警察に届けたのだそうだ
が、我が家では孫が学校から帰ってきたのが午後三時半
それから子供達が外で遊んでいて、気が付いて知らせて
くれたので、夕方になってデーラーに来てもらい修理を依
頼して貰うことになった。

お陰で14日(日)の千葉の姉の家に行く予定がまた一週
間延びた。

とかく世の中は思わぬ災難が身に降りかかる。まだこの
ような身の危害でなかったから良いものだが、事故には
気を詰めなくてはならない。

車など持たなければ、こんな災難は無いかも知れないが
孫達のコミニュケーションには欠かせない便利な乗り物
でもあるのでこの程度のことあh仕方無い。


定州の日本人小学校同窓の韓国人女性

昨年(平成20年)10月、東京九段会館で新義州の中学
校、高等女学校合同の同窓会があった。両校とも40名
足らずのの他、緑小会の10名を加えて約90名余りの、
あまり盛大でもなかった同窓会であったが、韓国から中学
女学校から夫々一名の参加者があった。
特に女学校の韓国女性は自己紹介で、私は定州の加納
ヶ丘小学校から新義州女学校に進学しました。私の父親
は定州の税務署の署長でした。と、我が耳を疑うような発
言であった。

早速彼女の席に伺い、経緯を聞いてみたところ、二年下級
の間違いなく加納が丘小学校卒業生である。このクラスの
女の子の名前は殆ど知っていて教師の名前も間違いない

同窓会と言うものは大勢の人の会合であるから、一人一人
多くは話が出来ない。彼女は名簿のほかに住所と電話番号
を書いてくれた。

それから一年、今年の「ありなれ会」に出席した際、女学校
「あかしや会」会長の橋本さんが隣の席に座られた際、彼女
のことを良く聞いた。橋本先生は今年6月に女学校の同窓会
があり「三原さん」が又韓国から来るので逢えますよと言って
くれた。
定州や新義州の写真を用意できるので次に会うときには
いろんな経緯を聞いてみたいと思い、ソウルに手紙をだすこ
とにした。10日ほど経って彼女から手紙や電話がきたのだ。

ある日、朝7時半ころ「私は誰だか知っていますか」これは
韓国人特有の電話の切り出しである。彼女は三原さんで
或ることに直ぐ気が付いた 「兪さんでしょう」「そうです朝早く
からすみません」
と言う経緯があって今日(6月4日)半蔵門のホテルで会う事
になり、門脇さんも行きたいと言うのでホテルで待ち合わせを
することになったのだ。

彼女から聞いたことは、韓国人の父親は早稲田大学出身で
総督府の税務署関係の仕事に就いたのだそうだ。母親も日
女子大学出身で、彼女自身の主人は京都の薬学の大学出だ
そうである。子供は男二人、女二人の4人子持ちであるそうだ
現在7人の孫がいるそうである。

彼女の信条はあまりくよくよしないで、残る人生を楽しく生きて
行きたいと言っていた。

半蔵門のホテルには、小学校、女学校の同級生を初め10人
ほどの人が集まって来て、ミニ同窓会となった。

明日は「帝國ホテル」で新義州高女の最後の同窓会だそうだ
120名の参加者が地方から今日、上京してくると言う。

再会を約束して、午後8時にお別れして、門脇さんと大江戸線
で帰途に着いた。

ホテルで逢った人々は、彼女の同級生4人(安藤民子、藤山
伸子9さんが山口から、(土田義中20期、武藤良子、亀山4期
その息女などの方々であった)
明日は「帝國ホテル」で新義州高女の最終同窓会なので地方
から来た会員達は比較的に安価なこのホテルに宿泊の予約を
しているとのこと、
そういえば
もう十数年前のことになるが、韓国から戦後初めて同窓会に
やってきた姜訓植を迎えたときもこのホテルであった。
このホテルは警察関係の人々が良く利用することで、当時は
まだ古い建物であったが久しぶりに来て見たこのホテルは、
素晴らしい建築の又都内で宮城の半蔵門が見える最高の、
場所である。この前の時には丁度昭和天皇のお車が入るところ
であった。今は他の皇族の参内にこの文を使われるらしい。



北欧旅行、オーストラリヤ旅行

平成8年3月24日~31日、法王旅行はフインランド、
スエーデン、フランスの三カ国旅行だが阪急交通の
募集は「フインランドでサンタクロースに逢おう」と言う
ツアー名目であった。

参加者は女子大学生や若いご婦人、定年夫婦など
30数名であった。

第1日目:成田空港10:35発~ヘルシンキ経由で
      ストックホルムに着く14:20 市内宿泊
第2日目:ストックホルム市内観光の後、バルト海
      クルーズで船中泊、
第3日目:船の先端のレストランで朝食、バルト海
      の氷を割って進む体験は貴重であった。
第4日目:ヘルシンキ港9:00着、市内観光
      OP:タンぺーレ観光、ムーミンの里
第5日目:ヘルシンキ発6:10~パリー着10:20
      パリー市内観光、モンパルナス、モンマ
      ルトル、「ムーランルージュ」
第6日目:パリー11:55発~ヘルシンキ15;45
      61:20ヘルシンキ発
第7日目:成田着08:55

埼玉県の老夫婦と帰りも一緒、彼らは東欧観光
とのことだった。

オ-ストラリヤ旅行

大内夫妻とオーストラリヤ旅行へ
平成9年5月24日~29日
第1日目:成田発19:00
第2日目:ブリスベーン着04:55、市内観光後
      ゴールドコーストへ     宿泊
第3日目:ゴールドコースト観光、11:00シドニーへ
      バスでシドニー着12:35、
第4日目:ブルーマウンテン、シドニー市内観光
      遊園地、農園へ
第5日目:自由行動シドニー市内    宿泊
第6日目:シドニー発09:00 成田着17:40

オーストラリヤの発音はAをアと発音する。
例えばgooddayを「グッドダイ」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。