スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一小さな旧制中学校

日本に併合された旧朝鮮は、京城府に朝鮮総督府を置き、教育部門も小学校から中学校、専門学校、大学校と朝鮮人教育に日本人居留民の教育の学校も次第に増設されていた。
新義州公立中学校は1925年」(大正14年)に開校された学級1クラスの日本で一番小さな中学校であった。私は15回生、昭和15年入学の軍国少年時代の申し子と言える。

クラスには入学時5名の朝鮮人子弟と満州国人1人を含め55人が入学した。翌昭和16年に大東亜戦争が勃発、益々戦時色が濃くなり、17年頃から陸海軍からの志願兵募集が多くなり、18年の終わる頃、海軍飛行甲種予科練習生に応募4年終了で海軍航空隊に入隊することになった。
55名のクラス人員の中から半分の20数名が日本内地にある海軍航空隊に入隊したものだ。
学徒出陣で静岡磐田の電波部隊にいた兄(正)からの手紙には応募するなとの忠告があった。
しかし当時の学校の忠君愛国の雰囲気としても応募せざるを得なかった。

尤も、中学校に在学していても、夏休みは一週間の勤労作業を強いられ、軍事教練の時間が日増しに増え、映画館、食堂、国境を越えての満州側には行くことも許されない状態であった。
朝鮮の冬は鴨緑江の水面も厚い氷で重量のある車両も走れるほどの寒さになる。
新義州と対岸の安東間は屈強な支那人が漕ぐ橇で往復出来る。行きは10銭、帰りは追い風が理由
の5銭であった。満州側は満鉄経営のヨーロッパ式の様式をもったスマートな都市である。
加えて、白系ロシヤ人の多く住むまちでもあった。それに比して朝鮮側の新義州の町は、所謂、日本式のドンくさい町で田舎風情だった。元は道庁所在地の義州邑から鉄道京義線の駅が出来た新しい
まちで日本人が作った町と言えるだろう。京都のような碁盤の目の町筋がポプラの並木と共に美しい
町でもあったが、日本人居留民は約一万人、朝鮮人が約3万人、に支那人を含む外国人が4,5千人くらいであっただろうか、主な建物は、道庁、府庁、駅ビル、税関、郵便局、警察署、道立病院、鐘紡、王子製紙工場と社宅、守備隊や営林署に旅館、バス会社など結構大きな建物があった。
なんと言っても「鴨緑江鉄橋は大きな建造物である。鉄橋を歩いて、豆タク、夏はプロペラ船、冬は橇、或いは軽便汽車でと税関の検査を通って自由国境を往来出来た。
あれから70年近くも時は経ってしまった。1992,1995年の二回この新義州の町を訪れたが、昔の面影は少ないが朝鮮の他の年から見ると日本時代のインフラが残っている方だ。

その時のわが母校、新義州公立中学校は同窓会の本部を東京に置き全国に会員が300名近く元気で生活している。

新義州府

昭和15年、12歳の時、生まれ故郷の定州加納が丘小学校を終え、晴れて新義州公立中学校に入学することになった。
5年年上の兄(正)が新義州公立商業学校の4年生で同府内に移動警察に勤めていた下宿をしていたので同じく一緒の部屋に同宿することとなった。
昭和15年4月8日だったと記憶するが入学式には母が定州から共に新義州の福岡旅館に投宿して
入学式に付き添ってくれたことを昨日のように覚えている。そして唯一の母方の親戚が本町にいたが
定年で熊本に引き揚げた跡の家に復従兄弟の晴江さんが新婚で残っていた。

入学式では55人の新入生が並び、朝鮮人の人が5名と満州人が1人、49人が日本人指定であった。その中では新義州以外の地方からは4,5人いたような気がした。
4月はまだ桜の花も咲かず、朝夕は多少寒い気候だったので、制服は小倉服で制帽の記章が光っていた。夏服は8月からであったが「霜降り」生地の制服だった。翌16年、二学期からは校舎の裏に
寄宿舎が出来て、下宿から移転した。同学年では浅野、村松、石田、中村、田頭、に朝鮮人の金東旭の7人だったと記憶する。12月8日朝礼で舎監の泉先生から連合艦隊が真珠湾を攻撃、戦争に
入ったと訓辞があった。

直ぐ上の姉(さだ子)が鴨緑江を超えた満州側の安東市の町の満鉄経営の高等女学校三年生に在学していて寄宿舎にいたので、当時中学生の父兄同伴でなければ禁止されていた国境を越えて行くことは出来なかった。しかし新義州育ちのお坊ちゃんで同級生と意気投合してプロペラ船、冬は橇で
たびたび行くことがあった。安東市は朝鮮とは違った外国風情があり、多くの白系ロシヤ人が住んでいた。満鉄経営の満州鉄道、病院、三井物産など異国情緒があったものだ。
ビクトリアと言うロシヤ人経営のレストランではアイスクリームやピロシキなどが上品な食べ物として
魅力があった。帰りは禁制の食財、貴金属、酒類、遊戯製品など子供であった中学生には税関検査
が免除されていた関係上何でも大人に頼まれれば買うことは出来たものである。

特に異国情緒のアカシヤ並木の路をマーチョ(馬車)で徘徊することは楽しみであった。ロシヤ、支那料理などの新義州府には無く、教育監視からも逃れる愉快さもアブノーマルであったことは歪めない




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。